メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

本のはなし

ごはんのことばかり100話とちょっと|よしもとばなな

ごはんのことばかり100話とちょっと作者: よしもとばなな出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2009/12/04メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 61回この商品を含むブログ (43件) を見る一年ほど前、知り合いのお母さんが、膠原病でのどが麻痺し嚥下ができ…

暴力についての2冊、そして考える

アウシュヴィッツは終わらない―あるイタリア人生存者の考察 (朝日選書)作者: プリーモ・レーヴィ,竹山博英出版社/メーカー: 朝日新聞社出版局発売日: 1980/01メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 66回この商品を含むブログ (41件) を見る暴力の子供たち―コ…

ジャングル|アプトン・シンクレア

昭和初期世界名作翻訳全集 (3)作者: シンクレア,前田河廣一郎出版社/メーカー: ゆまに書房発売日: 2004/07メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る書影どころかタイトルすら出てきませんでしたが、シンクレアの「ジャングル」です。およそ100…

われら|エヴゲーニイ・ザミャーチン

われら (岩波文庫)作者: ザミャーチン,ЕвгенийИ.Замятин,川端香男里出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1992/01/16メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 86回この商品を含むブログ (39件) を見るハックスリー「素晴らしい新世界」、オーウェル「1984年」と…

コーマック・マッカーシーを2冊

すべての美しい馬 (ハヤカワepi文庫)作者: コーマックマッカーシー,Cormac McCarthy,黒原敏行出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2001/05メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 40回この商品を含むブログ (56件) を見る越境 (ハヤカワepi文庫)作者: コーマック・…

響きと怒り|ウィリアム・フォークナー

響きと怒り (上) (岩波文庫)作者: フォークナー,Faulkner,平石貴樹,新納卓也出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/01/16メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 25回この商品を含むブログ (29件) を見る響きと怒り (下) (岩波文庫)作者: フォークナー,Faulkner…

おじいちゃんの「エロ本」

何枚か写真も載せたが、先日田舎に行った際、祖父の遺品である書棚を漁った。そこには主に昭和20〜40年代に、薄給の中からこっそり購入し、祖母にばれないように職員室に隠してあった本の数々がおさめられている。ちなみに、終業式になると母と叔父(祖…

うちゅうたまご|荒井良二

うちゅうたまご (こどもプレス)作者: 荒井良二出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2009/07/01メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 5回この商品を含むブログ (6件) を見る荒井良二さんの新刊は、ライブペインティングを元にして作られた絵本。表紙か…

罪と罰|ドフトエフスキー

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)作者: フョードル・ミハイロヴィチドストエフスキー,亀山郁夫出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/10/09メディア: 文庫購入: 11人 クリック: 64回この商品を含むブログ (126件) を見る思春期から青年期にかけての若者にと…

1984年|ジョージ・オーウェル

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)作者: ジョージ・オーウェル,高橋和久出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2009/07/18メディア: 文庫購入: 38人 クリック: 329回この商品を含むブログ (319件) を見る机の上に積んであったオーウェルの「1984年」を読…

大人になれば

わたしは「早く大人になりたい」とは一切思わない子どもだった。多分、末っ子でちやほやされて育ったからなのだろう、子どもでいることはひたすら心地よかった。もう少し大きくなってからは、子どもでいる不自由さは感じはじめたものの、今でいう中二病とい…

まとめて駆け足読書メモ

狂人日記 他二篇 (岩波文庫 赤 605-1)作者: N.ゴーゴリ,横田瑞穂出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1983/01/17メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 22回この商品を含むブログ (27件) を見る卑小な木っ端役人の描写については、ロシア小説には他の追随を許さな…

児童文学に伴う妄想(主として食方面)

にんじん (岩波文庫)作者: ルナアル,Jules Renard,岸田国士出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1976/01メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 19回この商品を含むブログ (22件) を見る「子どもの頃、ケストナーの小説に『胡椒菓子』って出てきて不思議だったじゃ…

チャパーエフと空虚|ヴィクトール・ペレーヴィン

チャパーエフと空虚作者: ヴィクトルペレーヴィン,三浦岳出版社/メーカー: 群像社発売日: 2007/04メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 34回この商品を含むブログ (28件) を見る「チャパーエフ」というのは内戦時代の赤軍将校で、ロシアでは有名な人物である…

野崎先生のトークショー

いかにも初夏といった気持ちのよい天気で、渋谷駅から宮益坂をのぼってゆくだけで汗ばむ。 国連大学の屋外で農業ボランティアや難民関係の催し物をしていたので少し覗いてから、青山ブックセンター本店にて、野崎歓先生のトークイベント。光文社主催の、古典…

赤ちゃん教育|野崎歓

赤ちゃん教育 (講談社文庫 の 14-1)作者: 野崎歓出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/05/15メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 30回この商品を含むブログ (26件) を見るフランス文学者であり、翻訳者であり、映画愛好家である野崎歓先生の「育児エッセイ」…

舞踏会へ向かう三人の農夫|リチャード・パワーズ

舞踏会へ向かう三人の農夫作者: リチャードパワーズ,Richard Powers,柴田元幸出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2000/04メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 59回この商品を含むブログ (73件) を見るちょうど一年前に「囚人のジレンマ」を読んだ。あのと…

ドキュメントを2冊

官僚はなぜ死を選んだのか―現実と理想の間で (日経ビジネス人文庫)作者: 是枝裕和出版社/メーカー: 日本経済新聞社発売日: 2001/06メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (10件) を見る朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)作者: NHK…

犬たち|レベッカ・ブラウン

犬たち作者: レベッカ・ブラウン,柴田元幸出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2009/04/23メディア: 単行本 クリック: 16回この商品を含むブログ (12件) を見るレベッカ・ブラウンは過去数冊読んだものの、苦手だった。もともと(特に女性らしい感性で書…

翻訳夜話|村上春樹/柴田元幸

翻訳夜話 (文春新書)作者: 村上春樹,柴田元幸出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2000/10メディア: 新書購入: 13人 クリック: 95回この商品を含むブログ (166件) を見る本の中でも小説がとりわけ好きなのだが、作者にはそんなに関心がない。一方翻訳家には割…

赤ちゃんがやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!

あと一時間ほど後にSがご子息ハルくんを連れて、はるばる東京の反対側から我が家にやってくることになっている。生後3日、初授乳中に対面して以来、6ヶ月で赤ちゃんがどのくらい大きくなるのかわたしには見当がつかない。わたしは親族ベビーブームのラス…

大洪水|ル・クレジオ

大洪水 (河出文庫)作者: J M G ルクレジオ,望月芳郎出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/02/04メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 24回この商品を含むブログ (17件) を見る小難しそうなイメージで敬遠していたル・クレジオ、読んでみたらとても面白か…

マーチ博士の四人の息子|ブリジット・オベール

マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)作者: ブリジットオベール,Brigitte Aubert,堀茂樹,藤本優子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1997/02メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 18回この商品を含むブログ (20件) を見る舞台はアメリカ。名士マーチ博士と…

Xのアーチ|スティーヴ・エリクソン

Xのアーチ作者: スティーヴエリクソン,Steve Erickson,柴田元幸出版社/メーカー: 集英社発売日: 1996/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (22件) を見る一年以上をかけようやく「黒い時計の旅」の衝撃がやわらいできたので、エ…

白洲正子自伝、そしてお能の思い出

白洲正子自伝 (新潮文庫)作者: 白洲正子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1999/09/29メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 69回この商品を含むブログ (60件) を見る上司が「読んでごらん」と差し出してきたのは2週間ほど前。めずらしくわたしの手元には、読む…

柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方|柴田元幸、高橋源一郎

柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方作者: 柴田元幸,高橋源一郎出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/03/13メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 240回この商品を含むブログ (55件) を見る小説について語られた本は大好…

金子と矢川

西ひがし (中公文庫)作者: 金子光晴出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2007/12/20メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (7件) を見る先週読了。東南アジアから、日本に戻るまで。妻をヨーロッパに残しているのに、金策に切実さが…

謎の1セント硬貨|向井万起男

謎の1セント硬貨 真実は細部に宿るinUSA作者: 向井万起男出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/02/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 19回この商品を含むブログ (26件) を見る向井万起男、と聞いてすんなりとあの個性的な風貌が浮かんでくるのはわたし…

ねむれ巴里|金子光晴

ねむれ巴里 (中公文庫)作者: 金子光晴出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2005/06/25メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 5回この商品を含むブログ (37件) を見る先日の「どくろ杯」に続く海外漂流三部作の二作目。妻三千代を先にパリへやった金子は、東南…

どくろ杯|金子光晴

どくろ杯 (中公文庫)作者: 金子光晴出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2004/08/25メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 33回この商品を含むブログ (61件) を見る 池の畔りの草叢に二人が足を投出すと、足もとから蛇が逃げていった。「そこに」と指さしなが…