読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

赤ちゃんがやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!

あと一時間ほど後にSがご子息ハルくんを連れて、はるばる東京の反対側から我が家にやってくることになっている。生後3日、初授乳中に対面して以来、6ヶ月で赤ちゃんがどのくらい大きくなるのかわたしには見当がつかない。わたしは親族ベビーブームのラス…

大洪水|ル・クレジオ

大洪水 (河出文庫)作者: J M G ルクレジオ,望月芳郎出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/02/04メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 24回この商品を含むブログ (17件) を見る小難しそうなイメージで敬遠していたル・クレジオ、読んでみたらとても面白か…

マーチ博士の四人の息子|ブリジット・オベール

マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)作者: ブリジットオベール,Brigitte Aubert,堀茂樹,藤本優子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1997/02メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 18回この商品を含むブログ (20件) を見る舞台はアメリカ。名士マーチ博士と…

Xのアーチ|スティーヴ・エリクソン

Xのアーチ作者: スティーヴエリクソン,Steve Erickson,柴田元幸出版社/メーカー: 集英社発売日: 1996/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (22件) を見る一年以上をかけようやく「黒い時計の旅」の衝撃がやわらいできたので、エ…

白洲正子自伝、そしてお能の思い出

白洲正子自伝 (新潮文庫)作者: 白洲正子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1999/09/29メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 69回この商品を含むブログ (60件) を見る上司が「読んでごらん」と差し出してきたのは2週間ほど前。めずらしくわたしの手元には、読む…

柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方|柴田元幸、高橋源一郎

柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方作者: 柴田元幸,高橋源一郎出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2009/03/13メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 240回この商品を含むブログ (55件) を見る小説について語られた本は大好…

金子と矢川

西ひがし (中公文庫)作者: 金子光晴出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2007/12/20メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (7件) を見る先週読了。東南アジアから、日本に戻るまで。妻をヨーロッパに残しているのに、金策に切実さが…

謎の1セント硬貨|向井万起男

謎の1セント硬貨 真実は細部に宿るinUSA作者: 向井万起男出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/02/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 19回この商品を含むブログ (26件) を見る向井万起男、と聞いてすんなりとあの個性的な風貌が浮かんでくるのはわたし…

ねむれ巴里|金子光晴

ねむれ巴里 (中公文庫)作者: 金子光晴出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2005/06/25メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 5回この商品を含むブログ (37件) を見る先日の「どくろ杯」に続く海外漂流三部作の二作目。妻三千代を先にパリへやった金子は、東南…

どくろ杯|金子光晴

どくろ杯 (中公文庫)作者: 金子光晴出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2004/08/25メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 33回この商品を含むブログ (61件) を見る 池の畔りの草叢に二人が足を投出すと、足もとから蛇が逃げていった。「そこに」と指さしなが…

人間的な、あまりに人間的な

日曜日に新宿のジュンク堂書店で文庫本の棚を見ていたところ、近くに立っている女の子が一冊の本を手に、隣の男の子へこんなことを話しかけていた。「こういう、説明がいっぱいついた本って、そのとき読む派? 後で読む派?」。要するに、本の注釈をその都度…

母の発達|笙野頼子

母の発達 (河出文庫―文芸コレクション)作者: 笙野頼子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 1999/05メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 42回この商品を含むブログ (62件) を見る母親と娘の関係は、ひとつの普遍的なテーマとして文学だけでなく、心理学や社…

アンチ物語的小説2冊

優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)作者: 高橋源一郎出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2006/06/03メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 36回この商品を含むブログ (65件) を見るこっちが頭を使う以前に、本文内に何が何のメタファーだという…

若さについて考えた2冊

星の王子さま (集英社文庫)作者: Antoine de Saint Exup´ery,池澤夏樹出版社/メーカー: 集英社発売日: 2005/08/26メディア: Perfect購入: 4人 クリック: 43回この商品を含むブログ (191件) を見る多分最初に読んだのは、岩波版だったと思う。残念ながらわた…

腸詰小話

完訳グリム童話集〈1〉 (ちくま文庫)作者: ヤーコップグリム,ヴィルヘルムグリム,Jacob Grimm,Wilhelm Grimm,野村〓@55DB@出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2005/12メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (11件) を見るゲルマン人に対してもっ…

クラクラ日記|坂口美千代

クラクラ日記 (ちくま文庫)作者: 坂口三千代出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1989/12メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 31回この商品を含むブログ (26件) を見る坂口三千代さんは坂口安吾の妻であり、「クラクラ日記」は、安吾の死後十年を経てからさらに…

ペドロ・パラモ|フアン・ルルフォ

ペドロ・パラモ (岩波文庫)作者: フアン・ルルフォ,杉山晃,増田義郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1992/10/16メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 41回この商品を含むブログ (79件) を見る最後まで読み終えて冒頭に戻り、彼の名が「アブンディオ」であっ…

嘘つきアーニャの真っ赤な真実|米原万里

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)作者: 米原万里出版社/メーカー: 角川学芸出版発売日: 2004/06/25メディア: 文庫購入: 27人 クリック: 141回この商品を含むブログ (181件) を見る大学一年生のとき、倫理学を担当していた外部講師に勧められ「不実な…

命売ります|三島由紀夫

命売ります (ちくま文庫)作者: 三島由紀夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1998/02メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 6回この商品を含むブログ (22件) を見る三島由紀夫にしてはめずらしい、コミカルさと軽薄さ漂うハードボイルド小説で、初出は「プレイ…

シュレディンガーの哲学する猫

シュレディンガーの哲学する猫 (中公文庫)作者: 竹内薫,竹内さなみ出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2008/11メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 97回この商品を含むブログ (31件) を見る女性作家が「シュレディンガーの猫」を通して哲学に触れる小説部…

猫だましい|河合隼雄

猫だましい (新潮文庫)作者: 河合隼雄出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2002/11/28メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 12回この商品を含むブログ (26件) を見る「猫だまし」と「たましい」をかけて、「猫だましい」。カウンセリングをおこなうなかで、患者の…

20世紀の幽霊たち|ジョー・ヒル

20世紀の幽霊たち (小学館文庫)作者: ジョーヒル,Joe Hill,白石朗,安野玲,玉木亨,大森望出版社/メーカー: 小学館発売日: 2008/09/05メディア: 文庫購入: 11人 クリック: 48回この商品を含むブログ (93件) を見る作者のジョー・ヒルは、スティーブン・キング…

憧れの蔵書票

蔵書票に憧れていた、というか今も憧れている。古書店でまれに、蔵書票チックな値札を使っているところがあると(そういう店はたいてい、本を一冊ずつハトロン紙のカバーでくるんである)嬉しくなって、買った本の値札をいつまでも剥がさない。そんなに好き…

リヴァイアサン|ポール・オースター

リヴァイアサン (新潮文庫)作者: ポールオースター,柴田元幸出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2002/11/28メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 176回この商品を含むブログ (90件) を見るオースターの長編を読むのはこれで7作品目になるが、ポストモダン色の強…

オウエンのために祈りを|ジョン・アーヴィング

オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)作者: ジョンアーヴィング,John Irving,中野圭二出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/09メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 18回この商品を含むブログ (35件) を見るオウエンのために祈りを〈下〉 (新潮文庫)作者: …

幸運の25セント硬貨|スティーブン・キング

幸運の25セント硬貨 (新潮文庫)作者: スティーヴンキング,浅倉久志出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/05/28メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 31回この商品を含むブログ (55件) を見る空港の売店で購入。キングを読むのは干支一周くらいぶりなので、すご…

2008年を振り返る《読書篇》

新刊をあまり読まないので、ほとんど既刊ばかりを選んだ個人的メモです。ちなみに今読んでいるアーヴィングの「オウエンのために祈りを」はものすごく良くて、このままいくと今年印象深かった本の上位に食い込みそうなのだけど、自分の中で読後の消化が不十…

チャイルド44|トム・ロブ・スミス

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)作者: トム・ロブスミス,Tom Rob Smith,田口俊樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/08/28メディア: 文庫購入: 30人 クリック: 1,008回この商品を含むブログ (215件) を見るチャイルド44 下巻 (新潮文庫)作者: トム・ロブスミ…

ジョン・アーヴィングと穂村弘

サーカスの息子〈上〉 (新潮文庫)作者: ジョンアーヴィング,岸本佐知子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/11/27メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 12回この商品を含むブログ (27件) を見るサーカスの息子〈下〉 (新潮文庫)作者: ジョンアーヴィング,岸本…

本が読めない

秋になるあたりから、本が、とりわけ小説が読めなくなってしまった。短期的な集中力の途切れはしばしばあるものの、思いのほか長引く症状に、もしやこれは感冒でなく死に至る病なのではないかと内心恐れおののいていた。エッセイで少しずつリハビリをして、…

小林カツ代の「おいしい大阪」

小林カツ代の「おいしい大阪」 (文春文庫)作者: 小林カツ代出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/11/07メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (7件) を見る食いしん坊なので、食べ物の本は好き。レシピ本も見ていて飽きないけれど、どちらかと…

装丁物語|和田誠

装丁物語 (白水uブックス)作者: 和田誠出版社/メーカー: 白水社発売日: 2006/12メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 23回この商品を含むブログ (24件) を見る和田誠、という名前を最初に意識したのは高校生くらいの頃だったか。わたしは当時、「ロッキンオ…

気になる部分|岸本佐知子

気になる部分 (白水uブックス)作者: 岸本佐知子出版社/メーカー: 白水社発売日: 2006/05メディア: 新書購入: 7人 クリック: 98回この商品を含むブログ (171件) を見る岸本さんの凄いところは、徹底した偏質的な妄想力なのだと思う。「ひとりしりとり」にしろ…

眠れ|ヴィクトール・ペレーヴィン

眠れ―作品集「青い火影」〈1〉 (群像社ライブラリー)作者: ヴィクトルペレーヴィン,三浦清美出版社/メーカー: 群像社発売日: 1996/03メディア: 新書 クリック: 12回この商品を含むブログ (20件) を見るずいぶん長くかかって読み終えたロシアのSF短編集。難解…

子どもの悲しみの世界ー対象喪失という病理|森省三

子どもの悲しみの世界―対象喪失という病理 (ちくま学芸文庫)作者: 森省二出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1995/11メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見る読書に向かう気持ちが萎えがちなので、リハビリ的に棚の奥にある本を取り出…

読みかけの本のこと

今朝、改札を通るときにはじめて、定期が切れていることに気づいた。慌ててお昼休みに定期券売り場へ行き、新しく半年分を買う。4月には、10月なんて永遠みたいに先のことだと思っていたのに、あっという間に半年が過ぎてしまい、わたしは永遠みたいに昔…

血液と石鹸|リン・ディン

血液と石鹸 (ハヤカワepiブック・プラネット)作者: リン・ディン,柴田元幸出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2008/09/26メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 31回この商品を含むブログ (38件) を見る先日(9/25)、発売イベントについ…

ノリーのおわらない物語|ニコルソン・ベイカー

ノリーのおわらない物語 (白水uブックス)作者: ニコルソンベイカー,Nicholson Baker,岸本佐知子出版社/メーカー: 白水社発売日: 2008/09メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 5回この商品を含むブログ (21件) を見る英国に引っ越して来たアメリカ人の少女ノ…

ポール・オースターを読む

シティ・オヴ・グラス (角川文庫)作者: ポール・オースター,Paul Auster,山本楡美子,郷原宏出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1993/11メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (57件) を見る幽霊たち (新潮文庫)作者: ポール・オースタ…

柴田先生のトークイベントに行ってきました

ただのサイン会含めこういったイベントにはまったく参加したことがなかったし、そもそも通常平日のこの時間に書店に行くことなど無理に決まっているのだけども、偶然の休暇。どんなもんかな、と足を運んでみた。ハヤカワepiプラネットというマイノリティ文学…

塵よりよみがえり|レイ・ブラッドベリ

塵よりよみがえり (河出文庫)作者: レイ・ブラッドベリ,中村融出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2005/10/05メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含むブログ (31件) を見るあちこちに書いてきた、「魔物の一族」についての短篇を改稿し、まとめ、多く…

プレイヤー・ピアノ|カート・ヴォネガット

プレイヤー・ピアノ (ハヤカワ文庫SF)作者: カート・ヴォネガット・ジュニア,Jr. Vonnegut Kurt,浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2005/01メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 16回この商品を含むブログ (38件) を見るお手本みたいなアンチユートピ…

さようなら、ギャングたち|高橋源一郎

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)作者: 高橋源一郎,加藤典洋出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/04/10メディア: 文庫購入: 13人 クリック: 168回この商品を含むブログ (178件) を見るできることならばわたしは、高橋源一郎というひとのことを何…

母なる夜|カート・ヴォネガット

母なる夜 (ハヤカワ文庫SF)作者: カート,Jr.ヴォネガット,飛田茂雄出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1987/01メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 21回この商品を含むブログ (30件) を見る 「あたしは死ぬ」とレシ。 「まさか。きみはきっと生き延びるよ」 「…

宿屋めぐり|町田康

宿屋めぐり作者: 町田康出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/08/07メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 58回この商品を含むブログ (121件) を見るあまりに壮大な物語ゆえ難しくいろいろなことを考え、まとめることはできそうにないので、一番強く感じたこ…

デッドアイ・ディック|カート・ヴォネガット

デッドアイ・ディック (ハヤカワ文庫SF)作者: カートヴォネガット,Kurt Vonnegut,浅倉久志出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1998/01メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (21件) を見るヴォネガットが、2004年の大統領選前に発表したコラ…

本は丸裸

ところで皆さんは、どんな場所、シチュエーションで本を読んでいますか?わたしについて話すならば、ほとんどが通勤中の電車の中やホームで、あとは職場のお昼休み。待ち合わせなど時間つぶしの喫茶店で読むこともあるけれど、家で本を読むことはあまりない…

パンク侍、斬られて候|町田康

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/10メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 51回この商品を含むブログ (131件) を見る読み終わるまではもう少しかかるかな、と思っていたら電車が止まってしまい思わぬところ…

町田康を2冊

夫婦茶碗 (新潮文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2001/04/25メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 53回この商品を含むブログ (141件) を見る権現の踊り子 (講談社文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/04/14メディア: 文庫購…

とりあえず、町田康を読む

くっすん大黒 (文春文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2002/05メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 51回この商品を含むブログ (168件) を見る屈辱ポンチ (文春文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2003/05メディア: 文庫購…