読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

Blurとは添い遂げたいと思っている

写真は昨年の7月、ロンドンのO2アリーナ前で広告看板を写したもの。1960年代以降各年の英国音楽における主要な出来事が、熱狂する人々の写真とともに記されている。駅からアリーナまで、歩道脇のこの看板を眺めながら歩くだけで英ロック&ポップス界数十年…

Mumford and Sonsの「The Wolf」生演奏が格好良い

5月4日(なので、もう明日)、新アルバム「Wilder Mind」をリリースするMumford and Sons。 この番組でも十分素敵だったところが、The Graham Norton Showのパフォーマンスは演奏映像共にあまりに格好よすぎて、本当に生なのかと一瞬疑ってしまった。 でも…

Laura Marlingの新曲「Short Movie」のPVがなかなか素敵です

ローラのアルバムが3月末に出るとのこと。 つい最近「Once I was an Eagle」が出たばかりじゃん! と一瞬思ったけれど、よく考えるとあれから2年も経っていた。学生時代は好きなミュージシャンのアルバムリリースが1年以上空くと寂しく思ったものだけども…

Big Easy Express|エメロット・マロイ

'Play country, across country.' Mumford & Sons、Edward Sharpe & The Magnestic Zeros、Old Crow Medicine Showという、カントリー/フォーク要素の強い3つのバンドが列車でアメリカ西部を北から南に下りながらライブを繰り広げるドキュメンタリー。車内…

それで、まあそんな感じで

ちょっと音楽に詳しい友達はデスキャブなんて鼻で笑っていたけれども、わたしは青臭いインディーロックがいつだって大好きで、本当安っぽいくらい青臭いよねと呆れながら、これからもきっとずっとこういう音から離れられないままでいるんだろう。今も、数ヶ…

Child Ballads|Anais Mitchell & Jefferson Hamer

Child Balladsアーティスト: Anais Mitchell & Jefferson Hamer出版社/メーカー: Wilderland Records発売日: 2013/03/19メディア: CDこの商品を含むブログを見る出てすぐの頃に偶然買って、今でも気に入ってよく聴いている。 男女のSSWが弾き語る「Child Bal…

土曜日の朝に

子どもの頃、民放が2局しかなかった。わたしが小学校高学年の頃に「大分朝日放送」ができて3局体制になったけれども、やはり地方局ではキー局と同じ番組が同じ編成で見られるわけではなく、特にテレビ大分が日本テレビとフジテレビのクロスネットなので、…

Summer Sonic 2010

(すべてiPhoneの写真なのでざらざらなのはご愛嬌)

FUJI ROCK FESTIVAL 2010 (後半)

グリーンステージに戻ると、VAMPIRE WEEKENDが演奏中。人気のある若手バンドで、ちょっと青臭くキラキラとまばゆい。続くブンブンサテライツは、欧州デビューを経て国内で人気が出たのがちょうどわたしが大学生の頃。もうキャリアは20年くらいあるバンドだと…

FUJI ROCK FESTIVAL 2010(前半)

5月あたりか、ATOMS FOR PEACEが出演すると知ったときに、苗場行きを決めた。大学を卒業してからは日程や体力の関係もあってすっかりご無沙汰していた夏の野外フェスは、さすがに全日程参加とはいかないので、3日目だけ。気を遣わず一緒にライブを観ること…

ずっと感じたかった僕ら

そのときは名前を意識してはいなかったけれど、最初に音に触れたときわたしはまだランドセルを背負っていた。そしてそのバンドの構成要素であるふたりのミュージシャンの作る音……とりわけ小沢健二という人のメロディやことばとその後どれほど長い間寄り添っ…

オーケストラ!|ラデュ・ミヘイレアニュ

そもそもはノーマークだった映画。「プレシャス」を観に行ったシネマライズで予告編を観て「これは!」と慌てて帰りの足でbunkamuraへ行ったところが満席。帰宅してインターネットで調べてみると、どうやら上映館が少ないこともあって満席立見続出になってい…

Good-bye lonely heart drawings.

ずっと楽しみにしていたDaniel Johnstonの来日公演を観に、原宿のラフォーレミュージアムへ。2003年のクアトロには行けなかったので、今回がはじめての生演奏、本当に本当に楽しみにしていて、同じくらい不安で怖かった。身体的にも精神的にも不安定な彼が果…

さよならアベ

わざわざ記憶をたぐる努力なんてしなくても どんな立ち姿でどんな音を出してどんなふうに吠えるのか ぜんぶ、ぜんぶ、焼き付けてある。 一生分くらいはもう、余裕。10代後半から20代にかけてあなたは 海を越えない場所にいてくれた 数少ないロックスター…

ミスター・ロンリー!

永遠の国であなたが心安らかに眠れますよう。

さよならキヨシロー

骨に転移していると聞いたときに大方覚悟はしていたとはいえ、昨晩速報に呆然としてそのまま就寝。目を覚ますと、学生時代何度も一緒に清志郎のライブに行ったマリちゃんから哀しみのメールが来ていた。世代的にはRCとは被っていないけど、誰に習う訳でもな…

GDHMラストライブ

GOOD DOG HAPPY MENから、ツインドラムのひとりである伊藤大地さんと、ベースの韮沢雄希さんが脱退することになり、そのラストライブを観に新宿ロフトへ。欠かさず通うほど熱心なファンではなかったけれども、それでもずいぶんな回数ライブを観てきた。伊藤…

アブラハムには7人の子

子どもの頃、身振り手振りをつけて、お遊戯しながら歌っていた「アブラハムには7人の子〜」という童謡(これ、全国的に歌われていたんだろうか)。わたしの記憶では、歌詞はこんな感じだ。ちょっと違うかもしれないけど、まあだいたい。 アブラハムには 7…

今年最後のライブを見てきました

昨年からカウントダウン関係のイベントに行くことを止めたので、今年はこれが最後。わたしは年間40〜50本くらいライヴを観に行くという生活をもう10年くらいは続けている。学生時代はもっと観ていたので、合計数にすればずいぶんなようだけど、思い出そうと…

Some Get Town Tourをみる

Some Get Town Tourの東京公演を観に、恵比寿リキッドルームへ。924の顔ぶれからPeople in the Boxを除いた、The Telephones、スパルタローカルズ、犬が吠えるの3バンドで東名阪を回っているツアー。924は正直複雑な気持ちの残るイベントだったのだけ…

しらないあいずしらせる子|Ogre You Asshole

しらないあいずしらせる子アーティスト: OGRE YOU ASSHOLE出版社/メーカー: OYA/UK PROJECT発売日: 2008/11/05メディア: CD クリック: 38回この商品を含むブログ (79件) を見るここ数年で聴きはじめた数少ないバンドのなかでオウガは飛び抜けていて、ものぐ…

サマードレス|石橋英子&アチコ

サマードレスアーティスト: 石橋英子×アチコ出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC発売日: 2008/10/01メディア: CD購入: 5人 クリック: 110回この商品を含むブログ (47件) を見る歌とピアノ。前作「ロラ&ソーダ」は、去年聴いたアルバムの中でもとりわけのお…

好きになってしまう

友人が、1枚の紙切れをくれた。フライヤーというか、インディーバンドのメンバーが自分たちのPRを兼ねて作っているフリーペーパーのようだった。パソコンで編集されたわけでも、印刷所で刷られたわけでもない、手書きをコピーしただけの簡素な紙切れに、メ…

楽しみにしていた2枚

Green Sparrowアーティスト: Mike Gordon出版社/メーカー: Rounder / Umgd発売日: 2008/08/05メディア: CD クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見るCarried To Dust [解説・歌詞対訳付 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP39)アーティスト: キャ…

やっぱり、うれしいかな

行きたいけど、こんな直前に言われても、先行で抑えてなきゃチケットを取れる気がしないので、9月23日のAXには行けないものと思われます。それでも嬉しくて、その日その時間は、意味もなくどきどきしているのかもしれない。「いつかのファズマニアックスみた…

お葬式用プレイリスト

祖父の葬儀のとき、くりかえしくりかえしロビーで流れる「千の風になって」を聴きながら、姉がぼやいた。「お葬式くらいせめて、好きな曲にしてほしいよね」。すると母が「ママのときは、もっと明るい曲にしてほしいな」と言った。それでふと思い出したのだ…

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust|Sigur Ros

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaustアーティスト: Sigur Ros出版社/メーカー: Xl Recordings発売日: 2008/06/24メディア: CD購入: 4人 クリック: 85回この商品を含むブログ (145件) を見るポップ! 歌もの! とびっくり。神々しさはかなり目減りしてしま…

Modern Guilt|Beck

Modern Guiltアーティスト: Beck出版社/メーカー: Iliad / Hostess発売日: 2008/07/08メディア: CD購入: 9人 クリック: 61回この商品を含むブログ (136件) を見るBECKの新作、ものすごく良かった。尺の短い曲ばかりのコンパクトなアルバムで、BECKらしい曲や…

Leeches|SPARTA LOCALS

Leecherアーティスト: SPARTA LOCALS出版社/メーカー: DAIZAWA RECORDS / UK.PROJECT発売日: 2008/07/23メディア: CD購入: 5人 クリック: 33回この商品を含むブログ (66件) を見るずいぶんしばらくぶりにレコードショップに行き、買っていない新譜がとんでも…

おかえりなさい、サニーデイ・サービス!

サニーデイ・サービスアーティスト: サニーデイ・サービス,曽我部恵一出版社/メーカー: ミディ発売日: 1997/10/22メディア: CD購入: 3人 クリック: 80回この商品を含むブログ (156件) を見る曽我部さんは、ライブのアンケートに批判的な内容を書いたお客さん…

東京の美容師さん、そして代官山でライブを見る

三ヶ月振りに髪を切る。引っ越してからはじめて行く美容院。できるだけこじんまりとして、シャンプーからスタイリングまでひとりに担当してもらえる店を探した。丸四年間、ずっと同じ人に切ってもらっていたので、別のお店に足を踏み入れるのにはちょっと緊…

さびしい、あったかい

わがままなやつら作者: エイミーベンダー,Aimee Bender,管啓次郎出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2008/02/29メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 34回この商品を含むブログ (28件) を見るUseless Trinkets: B Sides Soundtracks 1996-2006アーティスト: E…

武道館から5日間が過ぎて

雨の上がった朝の出勤途中に、ようやくシロップを聴いてみようかなという気分になった。空が青く抜けていて空気が澄んだ朝に。すべての曲アルバムそれぞれに思いはあるけれど、今まで多く聴いたのも、これから多く聴きつづけるのも「コピー」と「クーデター…

Syrup 16gラストライブを観る

武道館へ、Syrup16gの解散ライブを観に行った。朝家を出て、ハンカチを忘れたことに気づいた。表参道で友人と待ち合わせをしていたので、スパイラルマーケットに寄って、てぬぐいの布地の、青いハンカチを買った。武道館、7年振りかな。でも、バックスタン…

鼻歌、ポップス

Lucky (Bonus CD) (Dig)アーティスト: Nada Surf出版社/メーカー: Barsuk発売日: 2008/02/04メディア: CD クリック: 8回この商品を含むブログ (12件) を見るフィールド・マニュアルアーティスト: クリス・ウォラ出版社/メーカー: Bad News (Victor)(V)(M)発…

左目を失くして四日が経つ

ようやく眼帯が取れる。しかしコンタクトレンズが入れられるようになるまではまだまだかかるので、生活の不便さは変わらない。本が読めない。だから音楽を聴くことが多い。自分の聴いた音楽の履歴が残る、というのはパソコンならではだな、と思う。一度HDが…

「ベルセバとか好きそう」

わたしのなかの悪魔アーティスト: ベル・アンド・セバスチャン出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2000/05/31メディア: CD クリック: 28回この商品を含むブログ (45件) を見る一時期やたらと「ベルセバとか好きそう」と言われた。それは、ベ…

わたしの秘密基地

わたしの部屋にはロフトがある。割と広くて、立ち上がれるくらいの高さがあって、小さいけれど天窓もついている。引っ越し当初はここを寝室代わりにしていたのだけれど、大きな地震に遭ってから、生活拠点を下に移した。今はベッドとしても使えるカウチを置…

仕事始めました

先日、わたしが黒のショートパンツの下にワインレッドのタイツを履いているのを見た祖父が「そのズボンの下の赤いのはなんだい?」と訊ねた。わたしは「タイツ」と即答し、念のため「靴下」と付け加えた。祖父は「それは、寒くないの?」と再び訊く。彼の目…

振りかえる

量的にはどれも、非常に少なかった。本は100冊も読んでいないだろうし、CDも50枚程度、映画に至っては10本も観ていないんじゃないだろうか。かつては、年に500冊の読書と週3本の映画を自分に課していた時期もあった。量で勝負していた分、咀嚼も消化もおざ…

Syrup 16g、NHKホール

シロップのライブを観るのは、やや久しぶりだった。ここ3年くらいは、まれにライブを行う以外は、オリジナルアルバムの発売もなく、活動自体半休止に近い状態だったSyrup16g。「エンドロール」というツアータイトルを聴いたとき、最悪の事態を想像する人が…

NHKホールの衝撃

学生さんと上野の森へムンク展を観に行くT子ちゃんといったんお別れ。わたしは日比谷へ行き、映画を一本。ちょうど昨日から、フランソワ・オゾンの「エンジェル」がはじまっていたのでタイミングが良かった。夕方、NHKホールへ行きT子ちゃんと合流。人とペ…

中村一義くんのこと

金字塔アーティスト: 中村一義,山田とも子,井上鑑出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2007/05/16メディア: CD クリック: 75回この商品を含むブログ (35件) を見る今振り返ると、ちょっと好きだったのかな? と思う、高校時代のクラスメート…

いっそ冬になればいい

季節の変わり目で、アレルギーがひどく出るので弱っている。鼻炎は薬が手放せなくて、でも飲むと眠くなり、仕事に障る。肌も敏感になっていて、職場の首掛けタイプのネームプレートの紐にかぶれ、首が真っ赤になる。眠りが浅くて、一晩のうちに何度も目が覚…

アルファベータ vs. ラムダ|Ogre You Asshole

アルファベータ vs. ラムダアーティスト: OGRE YOU ASSHOLE出版社/メーカー: OYA/UK PROJECT発売日: 2007/10/03メディア: CD購入: 7人 クリック: 61回この商品を含むブログ (97件) を見る水彩画みたいな音を出すバンドだと、個人的には思う。文脈を追おうと…

Iron & WineとMock Orange

Shepherd's Dog (Dig)アーティスト: Iron & Wine出版社/メーカー: Sub Pop発売日: 2007/09/25メディア: CD購入: 2人 クリック: 36回この商品を含むブログ (16件) を見る今回のアルバムもジャケットからして良い。音も不思議に心地いい。ボーカルが、ボーカル…

Musical|クラムボン

Musicalアーティスト: クラムボン出版社/メーカー: Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)発売日: 2007/05/23メディア: CD購入: 4人 クリック: 43回この商品を含むブログ (238件) を見る一曲目の高揚。 二曲目の、何もかもを飲み込んでしまう愛の感じ。 …

OGRE YOU ASSHOLEとlostageのライブを観る

予備知識のないところに見聞きして、思いきり衝撃を受ける体験は、ひとつの対象について、たったの一度だけしか許されない。オウガについては、まさしくそれが3月で、音源を買って聴き込んで、今回ようやく2度目のライブ。聴き込んで臨むライブも、また別…

adobe seksuを見た、その他

昨日観たasobi seksuが良かった。対バンが大好きなバンドばかりなこともあって、足を運んで大正解。ビジュアル的にも(メンバー構成が)ヘンテコな感じで素敵だった。Yukiさんのボーカルは音源よりずっと良いし、演奏もいい具合にはちゃめちゃ。今日は午前中…

Adobe Seksu|Asobi Seksu

Asobi Seksuアーティスト: Asobi Seksu出版社/メーカー: Friendly Fire発売日: 2005/10/18メディア: CD購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (14件) を見る あの雲を見てる。 小鳥が飛んでる。 嬉しいけど きみは、わたしが、きらい。