メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

バッド・エドゥケーション|ペドロ・アルモドバル

久々にのんびり映画でも観ようと思い立ち、結局「BAD EDUCATION」を観る。食事を取り損ねていたのでビゴでカスクートを買っていくも、ぱりぱり音がしそうで開封できずに終わり、悔やむことしきり。

映画は、エグくてエロくて鮮烈で、頭の中まで真っ赤に塗りつぶされる。最近の「オールアバウトマイマザー」や「トークトゥーハー」では、どこか淡々と温かい雰囲気が作品全体に流れていたけれど、今回はやたら生々しい暴力的な映画だという印象。アルモドバルは女性に聖性を求める……というより彼にとって女性は母親でしかありえないのかもしれないな。だから、男性ばかり出てくるこの作品は(同性愛者である彼にとってはより生々しい題材だろう)、こんなにも赦しや癒しから遠いのかな。