メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

ビリー・コーガンの新譜を買う

大学生の頃、「ダーシーになりたいの」と言ったのは小柄でかわいらしい女の子で、彼女はドラムを止めて、ベースを手に取った。ギターを上手に弾く友人は「コートニーになりたい」と言って、ショートカットだった髪を長く伸ばして金色に染めたっけ。わたしはといえば、そんな風に憧れる誰かを見つけることもできずにいた。

「最初、なんだか音も声もグロくって、スマパンって嫌いだった」と打ち明けたとき、あの人が笑ったこと。寒い日で、朝で、眠くって、とにかく「何か話してよ」って言い合った。酔いと睡魔の変なテンションで、言い争っては、また笑った。真っ青な路上で、さよならをした。

あれが全部のおわりだったし、はじまりだった。

TheFutureEmbrace [FROM US] [IMPORT]

TheFutureEmbrace [FROM US] [IMPORT]