メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

縁のない本

なぜだか縁のない本がある。買っても買っても、人に貸すたびにそのまま戻って来なくなる。わたしにとっては川端康成の「みずうみ」と、安部公房の「箱男」。今手元にあるのが何代目かわからない。ほんの数百円の文庫本なので、取り立てるよりは買い直した方が楽だと思ってしまう。今も彼や彼女の部屋の隅にあって、ときどきは読み返されていたら素敵なのになあ、と時々考える。

みずうみ (新潮文庫)

みずうみ (新潮文庫)

箱男 (新潮文庫)

箱男 (新潮文庫)