メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

No title

「誰もわたしのことを愛してなんかくれない」と、家庭教師先の少女が泣き叫んだとき、Rは、よっぽど怒鳴り返してやろうかと思ったのだという。「ふざけるな。誰もわたしを愛してくれない、なんて、だったらおまえは誰かを愛したのか」と。

誰のことも愛さないくせに、自分だけは一丁前に愛されようという気持ちの浅ましさ、まるで自分のことを指摘されたような気がして、恥ずかしかった。Rのこの言葉を、わたしが今もどれだけ強く心に刻んでいるか、照れくさくて本人には絶対に言えない。