メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

ボルベール(帰郷)|ペドロ・アルモドバル

ペドロ・アルモドバル監督の「ボルベール(帰郷)」を観る。

「オールアバウトマイマザー」「トーク・トゥー・ハー」とあわせて「女性讃歌三部作の完結にして最高傑作」という謳い文句だったけれど、実際三部作なのか、それが単なる興行的な煽りなのかはわからない。カルメン・マウラやペネロペ・クルスなど、アルモドバル映画を代表する女優たちが出演しているところからも、なんとなく、ひとつの集大成的なものではあるのかもしれない。のかな。

以前、「バッド・エドゥケーション」を観たときに、「同性愛者であるアルモドバルにとって、女性=母性=聖性であり、男同士の関係こそが残虐で生々しい題材なのかもしれない」というような感想を書いた。そして、今回「ボルベール」を観ても、同じ印象を受けた。

平たく言えば、母と娘の和解の話。映像も音楽も鮮やかで、ほどよくしんみり、ほどよく笑える。「トーク・トゥー・ハー」の劇中劇のような思い切った演出はなかったけれど、「ロシア人の浮浪者」のくだりはおかしくてたまらなかった。

それにしてもペネロペが美しい。娘が全然似てない。