読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

「ベルセバとか好きそう」

音楽のはなし

わたしのなかの悪魔

わたしのなかの悪魔

一時期やたらと「ベルセバとか好きそう」と言われた。

それは、ベルセバが女の子にとても人気のあるバンドだったから話の糸口にされていただけのことなのかもしれない。わたしはといえば、その言葉にうなずくほどベル&セバスチャンのことが好きなわけでもないし、かといってわざわざ否定するほど嫌いなわけでもないので、いつも返事に頭を悩ませるのだった。

そうこうするうちに、ベルセバはわたしのなかで「周囲に、わたしはこういうビジュアルや音を好みそうに映るんだな」という、鏡のようなバンドになり、そうなると、ちょっと気になってきて、何度かはアルバムを買い求めもした。しかしやはり、自分とイメージが重なる気はあまりしなかった。例えばもし、自分みたいなタイプの人間と出会って、相手に「デスメタルが大好きです」と言われるよりは、「ベルセバが好きです」と言われた方が、少しはしっくりするだろう。そのくらい。

ベルセバとか好きそう」と言われなくなってずいぶん経って、改めて聴いてみて、はじめてちょっと好きになった。