メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

新しい部屋

大学を卒業して、九州に戻ってからの6年間で、多分100回くらい東京へ行った。友人の家に泊まることも多かったけれど、到着が遅いとき、出発が早いとき、ひとりになりたいときなど、結局はホテルを利用することの方が多かったような気がする。いろいろなホテルに泊まったけれど、そのなかで一番多く宿泊し、最終的には常宿となったホテルで目を覚ます。とりあえずのところ、しばらくはここに泊まることもなくなるだろう。

新居の鍵を貰いに行き、ついでに家具配置のシミュレーションをする予定だった。クローゼットの中に入れるポリプロピレンの衣類ケースはどのサイズを購入すべきか、というのが一番の目的だったので、そのために無印良品のカタログを持ってゆくことにして、新宿でいったん改札を出た。しかし、てっきり10時には開いていると思っていたルミネがまさかの11時開店。伊勢丹横の店舗はどうだったっけと足を延ばすも、こちらも11時まで開かない。仕方ないので暇つぶしに伊勢丹に入って、思わず無駄遣いをしてしまった。

まず一階で、春の新色とやらのリップに、眉マスカラ。持ち歩くことのある化粧品については、機能よりも、携帯して不快にならないデザインかどうかを重視してしまうのが悪い癖で、無装飾を好むわたしは結局、RMKとか、クリニークとか、シュウウエムラといったあたりに落ち着いてしまう。コスメデコルテあたりは、すごく優秀な化粧品だと思うのだけど、あのパッケージを持ち歩くことにどうしても抵抗があって、なかなか購入に至らない。

その後地下に降りて、マカロンとキャラメルを買った。マカロン、以前は大嫌いだったのだけれど、昨年のホワイトデーに上司にいただいたものがおいしくて、それからすっかり虜になってしまった。美味しいと言われるものをいろいろ食べてみて、確かにラデュレもエルメも美味しいんだけど、わたしはセバスチャン・ブイエのものが一番好き。新居の近くの自動販売機で缶コーヒーを買って、からっぽの寒々しい部屋のまんなかで、ひとりでティータイムにした。楽しくも侘しく、侘しくも楽しい。