メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

長いのか短いのか一週間

住処と職場が変わり、一週間が過ぎた。

働いているか飲んでいるか寝ているか、という、書き出してみれば先週までとあまりかわらない生活。自分でも、大きな変化は感じていない。今までも毎年部署や勤務地が変わっていたので、慣れてしまったのかもしれない。緊張感も特になく、あっけなく、淡々と、新しい環境に身を置く。

昨年まで浅く広く経験した仕事の内容がダイレクトに役立ったため、入り込むのは思ったよりたやすかった。ただし、基本的な事務の流れが、組織の規模が大きい分やや煩雑で、まだわたしはそれをつかめずにいる。些末なことはこういう場合どうでもよくて、エクセルのどのセルに何の数字を入れるかとか、そういうことを気にする意味はほとんどない。大枠と流れをまず把握すること。わからないことをどう解決するかというスキームを自分の中に確立すること。あとは全部、同じことの応用。

この時期は肉体的精神的に辛くはあるんだけど、充実している。わたしは飽きっぽいから、慣れるともう、面白くなくなってしまう。見知らぬことを必死で覚えようとしているときの気持ちが一番好き。
帰りが遅いので平日になにもできない。せっかくの週末、本もCDも買いに行きたい。なによりテーブルを買わなきゃ生活ができない。