メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

28週後...

監督が変わっての続編(プロデューサーはダニー・ボイル)。

前作はゾンビものながらも、ロードムービー要素あり、終盤の要塞ではゴシックホラー的な映像美ありの、ちょっとアートムービーっぽくもあった。一方の今作は、潔いまでにパニックムービー。

ゾンビは前作以上にアクティブで、米軍も大暴れ。特に冒頭の襲撃シーンと、隔離室での夫婦のシーン、ヘリコプターでの殲滅シーンは圧巻。パニック+極限状態+試される愛といった王道要素がこれでもかと詰め込まれていたので楽しめた。やっぱり、ゾンビものの醍醐味というのは、ただのモンスターパニックと違い「相手が人間」であり、さらにはそれが「自分の愛する家族や恋人」であるというところ。目の前のものがモンスターなのか愛する人間なのか、そう簡単に気持ちは割り切れない。ときに情が優先し、自らの(他人を巻き込んだりもして)命を失う。ときに理性が優先し、かつては愛する人間だった異形を自らの手で殺す。そのあたりの葛藤や哀しみがとんでもなく巧みに描かれているのがキングの「ペット・セマタリー」だったんだけど、わたしはこれの映画版は未だ観ていない。

この映画については、我ながら大人げないんだけど、主人公である姉弟にイマイチ移入できなかったのが心残り。事のはじめが彼らの無茶な行動だっただけに、どんな悲惨な目にあっていても、結局は自業自得じゃんと冷めた目で見てしまい、彼らを守るために誰かが倒れるたびに悔しい気持ちになり。ああやっぱり大人げない。