メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

町田康を2冊

夫婦茶碗 (新潮文庫)

夫婦茶碗 (新潮文庫)

権現の踊り子 (講談社文庫)

権現の踊り子 (講談社文庫)

順調に読み進めています。たまにどうでもいいようなものも混ざりつつも、ほとんどの作品には容赦なく頭を殴られつづけるような気分。短篇のなかでは「夫婦茶碗」が格別良くて、次点で「くっすん大黒」「けものがれ、俺らの猿と」。混沌と混乱の中終わることが多い町田作品のなかで、「夫婦茶碗」の終わり方はある意味異色で、それこそがこの小説の秀でている部分なのだと思う。

パンク侍→告白→宿屋めぐり、の順で読むと良いと勧められたので、若干順番が入れ違ってしまったものの現在「パンク侍、斬られて候」を読んでいる。宿屋巡りも購入、スタンバイ中。