メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

帽子、そして嘘つきのこと

仕事が早く終わる予感があったので、DVDを返そうと思って、持ってゆく。すると案の定、19時過ぎに職場を出ることができた。そして、レンタルショップへ行こうと途中下車して(わたしの住む駅にあるレンタルショップは規模が小さいため、結局ターミナル駅近くの店舗ばかり利用してしまう)、うっかり通りすがりの店に吸い込まれる。

帽子が好きで、特に花がついているものに目がない。というか、髪に花を飾るという行為が好きなのだと思う。あと何年、なんとか見苦しくない体裁を守れるのかと思いながら、友人の結婚式などでは喜び勇んで髪に花を挿す。日常生活で髪に花を飾るのははさすがに難しいけれど、それが「帽子」ならば話は別で、まだ堂々と、花飾りのついた帽子を被ることはできる。と自分では思っている。

パープルの花が付いた帽子に惹き付けられて、そのまま会計に持っていった。そうするとなんだか勢いづいて、帰り道別の店で、テンセルの肌触りのよいカットソーを手に取った。色違いで2枚買った。化繊かぶれがひどいので、天然繊維で型の気に入るものだと、同じものばかり何枚も買ってしまう。夏、まったく同じ半袖のカットソーを、5枚買った。キャミソールも、まったく同じものをたくさん持っている。

そういえば、いつの間にか、今年も残り3ヶ月を切っていた。

今年はあんまり、嘘を吐かなかった。数少ない特技のひとつが嘘を吐くことで、それこそ呼吸するみたいに簡単に、わたしは嘘を吐くことができるんだけど、なんだか今年はちょっと、正直すぎたような気がする。

嘘は大事だと、個人的には思います。