読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

ピカソのはしご

なぜか朝4時半に目を覚ましてしまう。お風呂に入ったり部屋を片付けたりしているうちに身支度が整ってしまったので、冷たい小雨の中六本木へ出かけ、国立新とサントリーピカソ展のはしごをした。
開館時間まもなくに到着し、天候のせいもあってかたいして混まなかったので、ゆっくりと回ることができた。国立新は、時代ごとに作品をまとめ、わかりやすい展示がされていた。想像していたよりはるかに作品数も多く、書籍の挿絵もあったのは、エッチングやペン画が好きなわたしにとってはとても嬉しかった。こうして画風の変遷をたどると、世界の観察→解体→世界と自身との再結合、という整合性のある流れを経ていたんだなあということをしみじみ感じた。ちなみに国立新でかなり時間と集中力を使ってしまい、頭がぐらぐらしたままサントリーに行ったので、少し早足で回ってしまったことは反省……。両美術館をあわせるとけっこうな点数、ミノタウロスのシリーズを観ることができたのは夢のよう!

こんなにたくさんピカソを観られる機会はそうそうないので、そんなに絵がお好きでない方も足を運ぶとよろしいかと。印刷物とは全然違うオーラに打ちのめされます。 

図録を買うつもりでいたものの、思った以上に重い。そのまま映画や買い物に回る予定だったので、とりあえず本日はポストカードだけ何点か購入した。

その後、日比谷で映画。銀座のSpick&Spanであまりにかわいいワンピースに出会ってしまい、購入。運命を感じるくらいかわいかった。

髪の毛が短くなって、似合う洋服が少し変わってしまった。なんせ、黒髪あごラインワンレンボブ。モードっぽい格好やかための生地、ボリュームのあるスカート、ショートジャケットが着こなせるようになった反面、淡い色やひらひらした生地のワンピースがしっくりこない。せっかくの洋服を眠らせるのももったいないので、髪をふわふわに巻けばいいんじゃないかと考え、ホットカーラー購入をもくろんでいる(コテ使いが下手なので)。