メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

愉しい消防訓練

今の上司たちは、わたしのことをよっぽど好奇心旺盛だと思っているのか、ちょっと珍しい場所に行く用事や、研修などにどんどん送り出してくれる。実際、やったことのないことをやるのも、行ったことのない場所に行くのも好きなので、わたしもなんだってふたつ返事で出かけるようにしている。

今日は職場の消防訓練で、これも「忙しくなければ行って来てよ」と言われたもの。わたしはいわゆる高層ビル的なところで仕事をしているのだが、そこの上層階で火災が発生したとの設定で、避難、消火、放水訓練や地震体験をおこなった。集合場所に集まってから、訓練開始まで空き時間があっててもちぶさたにしていたら、進行担当者が「すみません。火災発生までもうしばらくお待ちください」と言うので思わず笑ってしまった。その後、消火訓練等を指示する消防士のボスみたいな方は、どう見てもちゃきちゃきの江戸っ子で、「訓練ってなあ、演技なんだよ。いかに真に迫るかなんだよ。そんな小さい声じゃあ、火は消えねえよ」と大声で駄目出しをしてくるのがこれまたおかしい。みんなやけっぱちのように「火事だー!」と叫んでいた。

地震体験車にはほぼ十年振りに乗った。前は、池袋西口公園を歩いて通り抜けている途中、なぜか「そこのお嬢さんたちも乗って行きなよ」とスカウトされ、(こどもの日イベントだったので)子どもばかりのなか何故か防災ずきんを被らされ、車内に押し込まれたのだった。福岡で大きな地震は体験したけれど、震度7になると未知の世界というか、もうどうしようもない揺れで、ああもうちょっときちんと家具の固定をしなければとしみじみ思ってしまった。そして帰りになぜか、「たたきごぼうの缶詰」を貰った。