メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

LOFT|黒沢清

黒沢清の映画に出てくる女性のうち、現実に踏みとどまっていない、彼岸とのはざまにいる類の登場人物はワンピースを着ていることが多いような気がする。「ドッペルゲンガー」で永作博美さんが着ていたワンピースはとても素敵で、どこのものだか気になってしかたなかった。

この「LOFT」は現実から遠い場面が多い作品なので、中谷美紀さんも安達祐美さんもワンピースばかり着ている。ミイラもワンピースを着ている。あと、わたしは黒沢監督の撮る森の画や水際の画がすごく好きなので、森と湖のたくさん出てくるこの映画は、画面を見ているだけでもすごく幸せな気分になれた。自然の中にいる女性、というのが、黒沢監督の手にかかると一気に現実感を失ってしまう。この世でもあの世でもない場所で、この世のものでもあの世のものでもない女性が、立っているというより浮遊しているといった感じ。オーバーな、狂気じみた叫び声やけたたましい笑いまでも、美しい。美しくて、グロテスクで、怖いはずなのに、どこか笑える。この作品ならば、西島秀俊さんと安達祐美さんが出てくると、笑い出しそうになってしかたなかったし、ラストシーンも、思わず吹き出してしまった。

美しくてグロテスクで滑稽で切実。そういう黒沢映画がわたしは大好きだ。