メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

ごまだしおいしい

ごまだしは、焼いたエソ類などの魚の身、胡麻、醤油等を混ぜ、擂り潰して作られる大分県佐伯市地方の郷土料理である。湯に溶いてうどんを入れ、「ごまだしうどん」として食すのが一般的で、この「ごまだしうどん」は農山漁村の郷土料理百選に選定されている。(Wikipediaより)

わたしが生まれ育ったのは同じ大分県でも大分市内なので、この「ごまだし」はそうポピュラーなものではなかったのだけれど、母の友人が佐伯出身だったため、ときおり瓶に詰めた、手作りのものを頂くことがあった。一見ごまだれのように見えるかもしれないが、味の中心は魚のすり身なので、どちらかといえば、ソフトタイプのおさかな系ふりかけをイメージしてもらうと、近いかもしれない。ウィキでは、うどんに乗せ上から湯をかけてかきまぜながら食べる、と書かれているが、我が家ではなぜか、釜揚げうどんのつけだれとして使用していた。

夏あたりにふと、「ごまだし」のことを思い出して、なんとか東京で買えるところはないかと検索してみたけれど、残念ながら見当たらないので、先日帰省した際探してみた。最近では自家製の「ごまだし」を作る家庭が少ないので、本場佐伯周辺では多種多様な既製品がスーパーマーケットで売られているらしい。わたしの実家がある大分市内でもデパートの土産物コーナーで発見したので、自分用に一瓶と、友人たちに配る分もいくつか購入してきた。

これと「とり天(鶏肉の天ぷらをカラシと酢醤油で食べる)」は、大分の郷土料理の中で群を抜いて好き。いろんなメーカーがいろいろな商品を出していて、それぞれに味が違うようだけども、選ぶときのポイントは地元出身者曰く「使っている魚の種類がいろいろあるけど、絶対《エソ》じゃなきゃだめ。他の魚のは、おいしくない」とのこと。ちなみに通信販売もできるようなので気になった方は是非一度。