メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

現実逃避

一月下旬から忙しさが徐々に増し、来週がおそらくピークだと思う。帰りの電車で立ったままうとうとするくらいの睡魔に取り憑かれ、体はともかく目と肩がけっこう重症。金曜午後はとうとう、猛烈な気分不良/朦朧/ダウナー思考に陥りもう駄目かとくじけかけたところ、よくよく考えたら単に、効きが悪いことに苛立ち薬を倍量飲んだことが原因だったようで、薬の切れる夕方から一転絶好調。もりもり仕事をした。薬怖い。

休日出勤を覚悟していたのだけど、隣の係長に「休みの日って、完全に段取りして、何と何ができる、やれるって状況にして来ないと意味ないよ。終わんないかもしれないからって漫然と来ても、能率あがらなくて作業効率が普段の三分の一だから」と言われたので、気持ちを切り替えて土日は休むことにした。通常「仕事は、無理だ無理だと思っていても締め切りまでには自然と終わってしまうもの」という超楽天思考かつそれでどうにかなっているのに、今回はなぜかやたら怖くて、夜中に何度も目を覚ましたりするくらいなので、ちょっと休息を入れた方がいいような気がする。何にせよ来週は何日か泊まる覚悟もしているので、そのために土日は体力を温存しよう。

三月になったら少し落ち着くような落ち着かないような。しかし、ここ最近の煮詰まりに耐えられず、衝動的に京都まで往復のチケット(しかもグリーン車で)とホテルを予約してしまった。世の中には「忙しくてお金を使う暇がない」という見上げた方が少なからずいらっしゃるそうですが、そんなこんなでわたしは忙しければ忙しいだけ気晴らしを求めてしまう。働けど働けど我が暮らし楽にならざるはずだなこれは、とじっと手を見ながら、それでも一年半ぶりの京都はすごく楽しみだ。たった一泊だけど。