読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

1984年|ジョージ・オーウェル

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

机の上に積んであったオーウェルの「1984年」を読む。関係あるようなないような余談だけども、まだ「1Q84」は読んでいない。今まで一度も発売と同時に村上春樹さんの新刊を買って読んだことがない、というのを今回も踏襲してしまったことになる。ただなんとなく、世の熱狂が覚めた頃、ようやくそっと手に取るというのがわたしに一番しっくりくる村上春樹との付き合い方というような気がしているので、多分もうしばらく読まないままでいる。

先日、ハックスリーの「素晴らしい新世界」という、これもディストピア小説の有名な作品を読んで、すごく暗い気持ちになった。というかディストピア小説なんて、構造上ハッピーであるはずもないので暗くなるのは当然なんだけど、あの作品の怖いところは、文明や管理主義社会を批判することが主題のように進めておいて、結局は文明非文明など関係なしに、人間そのもののおそろしさ醜さを描いているところだと思う。だから、わたしは読んでいてすごく辛かった。辛かったのに間を空けずにまたディストピア小説を手に取ったのは、ちょうど新訳で出ていて、ピンチョンの解説もすごくいいという噂を聞いたからだ。あと、本能的にわたしはハヤカワ文庫というものに弱い、背表紙が青かろうがクリーム色だろうがepiだろうが、早川から出ているだけでなんとなく面白そうに感じてしまうのだ。

「1Q84」絡みで今後読まれる方もいらっしゃるかもしれないので詳細には触れないけれど、すごく面白かった。ロマンスとしても、サスペンスとしても申し分ない。そしてとても怖かった。「素晴らしい新世界」が「暗い」「辛い」気持ちになるのと比べ、こちらは本当に「怖い」。なにが怖かったかといえば、作品内で描かれる社会でもなく、暴力でもなく、重要なキーワードである「二重思考」である。作品内で「二重思考」がどのようなものとされているか、それをどう受け止めるかというのはひとそれぞれだと思うので、是非読んで感じて欲しい。少なくともわたしは、常に物事を二つの相反する視点から見るように心がけていて、それはどちらかといえば正しいことなのだと思っていた。でも、「1984年」を読んでいるうちに、そういった物の見方が、決して誤っているわけではないとしても、すごく危険なものにもなりうるのかもしれないと怖くなってきた。本当のところは、「二重思考」が正しいかどうかじゃなくて、自分が正義だと思ってやってきたことがそうはないかもしれない、ということを恐れているのかもしれないけど。