読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

はじめて、は愛おしくてすごく怖い

会社の後輩くんが地方に出向することになって、今日はその送別会をしてきた。内示を受けて以来彼はずっと不機嫌で不安定で、元気づけるつもりで「地方も楽しいよ」「現場の仕事面白いよ」と声をかけるとなかば本気で「そんなこと言って、僕がさっさといなくなればいいと思っているんですね」と噛み付いてきたりもした。彼にとっては、ここが就職してはじめて配属された部署で、楽しく過ごせたからこそ、今の環境に強い愛着を感じているのだろう。わたしも初任地を離れるときはとても寂しかったなと5年前を思い出す。つい最近の話だけど、東京に来て最初に配属された部署から異動するのも辛くて泣いたっけ。

強い愛着を抱いたはじめての仕事場所から離れ、彼ははじめて東京を離れ、はじめて一人暮らしをし、はじめて現場での仕事を経験する。ひとりで飛行機に乗ることすらはじめてなのだと言って不安そうな顔をしていた。はじめてはすごく怖い。でも、彼ははじめて就職し、ここに来るときだってとても怖かったに違いないのだ。だから、異動先でのたくさんのはじめてにも、きっとすぐ馴染んで愛着を感じるようになるんだろう。そして、また向こうを離れるときぞんぶんに寂しがればいい。