読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

羽田空港で夜を越える

旅のはなし

今年の夏は、ロンドンのアパートメントに滞在しつつドイツに一泊旅行に出かけることにした。当初はヴァージン・アトランティック使用を考えていたのだけけれど、ロンドン発が日中なので、帰国日を活用できない。ブリティッシュは今回値段的に折り合わず、結局、往路の到着時間は遅くなるものの、帰国便が21時発で、羽田発着できるアシアナ航空を選んだ。韓国で乗り換える分時間はかかるが、旅先での時間を有効に使えるから。

昨夏も往路は羽田発を抑えていたものの、エールから、数時間早い成田便に移ってくれと頼まれ、結局羽田から成田まで移送された。ビジネスにアップグレードするから、という甘い言葉につられて行ったところ、結局人数分のシートが確保できず、一人250ユーロ+足元の広いエコノミーでお茶を濁された苦い経験(でも、数時間早い到着になったおかげで早朝から動けたので、結果的には悪くなかった)。だから、羽田の国際線ターミナルは実質的に初利用。

8日土曜の早朝発で、自宅からの始発はおろか、蒲田辺りのホテルからのシャトルバスも不安。悩んだあげく、7日の終業後、一度自宅に帰り、入浴。荷物を持って終電近くに羽田へ向かいそのままロビーで夜を明かすという荒っぽい技を使った。

23時半頃羽田着。とりあえず両替。カードがあればいいやと、ポンドもユーロも金額は控えめ。ちょうど帰国便が多い時間帯なのか、入国ロビーは混雑している。夕食を逃していたので、コンビニに軽食とお茶を買いに行った際、一階ロビーに電源のつかえるパソコンブースを見つけたので陣取る。Huluで映画を観ながら過ごした。久々の『英国王のスピーチ』見返すとそれなりに新しい発見もある。残念ながら羽田の無料wifiは速度が出なくて途切れがちだったため、途中からは諦めて、自前の映画を観ていた。

ベンチで横になっている人、夜通しおしゃべりをしている人、羽田で夜を明かす人は少なくない。特段治安面での不安は感じなかった。