メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

毎日あっちには

140字を何度も書けるのに、こっちには何も書けないなんて、やっぱりおかしいよね。
だから毎日、少しでも。

Sticky Monsters

Sticky Monsters

晩夏、あるギャラリー併設のショップで一目惚れした本。

昨年行けなくて、ようやく今年訪れることができたギャラリーはちょうど展示替え中で、雰囲気は良いし、観覧無料なので文句なんか言えないんだけど、展示作品の少なさにちょっとだけがっかりしていた。でも、併設の、書籍や雑貨を扱うショップはとても品揃えが良くて、一周しただけで、わたしのお気に入りギャラリーショップベスト3にすっぽりおさまった。
もう荷物もいっぱいで、出費も相当だったからずいぶん我慢して、うろうろ悩んだ挙句2冊だけ買ったうちの1冊がこれ。レジのお姉さんも、「これ、素敵ですよね」と声をかけてきた、お墨付きの1冊。

わたしの持っているものの表紙には『POST-IT MONSTERS』と書いているけど、アマゾンだと、まったく同じ内容で『STICKY MONSTERS』というタイトルのこちらしか引っかからなかった。どうやらアメリカでは、付箋のことを「STICKY」と呼ぶらしい。

表紙をめくると、薄黄色の長方形に手書き文字で、こんなメッセージが現れる。

僕はデンマークで1978年に生まれた。子ども向けテレビ番組の台本を書いたり監督をしたりしている。僕には双子の子ども達がいるから、ろくろく暇がない。でも、ちょっとだけ時間があるとき、僕はポストイットにモンスターを描く。それは事務用品上に現れた、異世界への小さな扉なんだよ。

作者のジョン・ケンは(やや大きめの)ポストイットに、不気味で、どこか愛嬌のあるモンスターを描き続ける。限られた小さなスペースをキャンバスにしているからこそのイマジネーション。この夏もたくさんの絵本を買ったけれど、もちろんこの本が一番のお気に入りになった。

http://johnkenn.blogspot.jp
http://www.facebook.com/pages/John-Kenn-Mortensen-Fan/187366434622180

なんと嬉しいことに、ジョン・ケン・モーテンセンの付箋には、今もどんどん新しいモンスターが生まれ続けている。そして、彼のブログやFacebookページで、わたしは遠く離れた日本から、モンスターと出会うことができる。