読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

イスタンブールの猫


イスタンブールでは街の至るところで猫がくつろいでいる。どうやらすべて野良猫らしい。いや、街猫とでも言うべきか、どの猫も飢えた様子もなく、どの猫も完全にリラックスしている。


ホテル正面玄関の、立派な回転ドアの脇にはいつも猫が寝ていた。朝も、昼も、夜も。ホテルの顔といって良い場所を陣取る猫を、ドアマンは追い払わない。誰も追い払わない。


目抜き通りで出会った猫は、ゆうゆうと古地図店に入ると、そのまま床で丸くなった。店員も客も気にしている様子はない。


海の近くで見かけた猫は、あまりにも静かに眠っているから、死んでいるのではないかとおそろしくなったくらいだ。


夜のプールサイドで、茂みから光る目が8つ現れたときにはさすがに少し驚いた。ともかくこの街は、猫にとって居心地が良いに違いない。もちろん猫好きにとっても。