読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

がんばらなくていい本のアプリ「Stand」を使ってみました

よしなし 本のはなし

このところいろいろなメディアで取り上げられているアプリ「Stand」を使い始めた。 

 これまでに読書(管理)系のSNSだと、ブクログメディアマーカー読書メーターなどに手を出しては長続きしなかった前科を持っているのだけど、このアプリは「読書管理」を目的としていないゆるさ、SNSといいつつそこまで強いコミュニケーション機能を備えていないゆるさ、そのどちらも心地よく感じている。

読書管理アプリが向かない一番大きな理由は「がんばりすぎてしまう」ことだった。読んだ本を全部登録したいという欲求と、それがオープンであるゆえに、変な本を登録したくないという葛藤。面白くなかった本を登録することや、読んだ本を登録したいのになんらかの理由でデータベースにあがってこないストレスを常に感じて、数ヶ月後にはアカウントを消してしまう。サービスに問題があるというよりは、わたしの妙なこだわりがいけなかったのだろう。

「Stand」は、ちょっとしたプロフィールと、本及びそれにつける短文のコメント以外に文字を打ち込む場面はほとんどない。本とそれにまつわる部分以外の人格が見えてこない潔さが、使いやすい。読書記録という使い方ではなく、なんとなく好きな本、気になった本を放り込んでいける気軽さも使いやすい。書籍検索についてはバーコード検索がたいへん有用である一方でワード検索の精度はいまいちで、電子書籍(バーコードなし)を多用する者としては少し不便に思うけれど、これも「読んだものをすべて登録する必要はない」と割り切って使っているので許容できている。

最近利用頻度は減っているけれど、好きなウェブサービスのひとつにSummallyというSNSがある。好きなもの、欲しいものをどんどん登録していく、いわば「物欲系SNS」なのだが、こちらはさらに潔く、ほぼコメントすらなく利用者がたんたんと、物欲の対象を投稿しているのが良い。また、タイムラインの他に「recommended」「popular」「new」「shuffle」といったメニューがあり、いろいろな切り口でたんたんとモノを眺められるのがいい(このあたりの「眺める切り口の多様性」は「Stand」の今後のバージョンアップに期待したいところ)。

「Stand」には「Summally」と少し似た使い心地を感じている。

個人対個人を重視するのであれば、言いたいことなんでも書き込んで共感しあえるFacebookTwitterのような媒体がいいだろう。でもジャンル特化型のSNSはあまり個人や個人の発信テキストが強く出てこず、「なんとなく、いい」「なんとなく、この人の選ぶものを眺めていたい」くらいのゆるさが楽でいいんじゃないのかな。