読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

なぜだか捨てられないものたち

f:id:asx:20160213040142j:plain

わたしは部屋にものを溜めこむのが嫌いで、不要なものはすぐに処分してしまう。とはいえ、なぜだか捨てがたくてついつい溜めこんでしまうものもある。

 

その1、ボタン。

f:id:asx:20160213040153j:plain

もっとも実用性に欠ける「溜めこんでしまうもの」が、ボタン。

手芸屋でかわいいものを買い集めているわけではなく、洋服を買ったときにとも布と一緒についてくるもの。ボタンをうっかり失くしたときには役立つのだろうけど、そもそもボタンを失くすことはようなことはめったにないし、そういうときに限って揃いのボタンが見つからず、手芸屋で似たようなボタンを探して総取り替えする羽目になりがち。

以前はとも布とボタンをまとめてビスケット缶に入れていたのだが、数年前にとも布のうち不要と思われるもの*1は捨てた。でもボタンだけは捨てられず今も小さな巾着袋にまとめてじゃらじゃらと入れている。大小値段問わずどれもそれぞれ意匠が感じられるのが、なんとなく好きなんだと思う。ときどき取り出して眺める。

 

その2、おしろいパフ。

f:id:asx:20160213040201j:plain

フェイスパウダーのパフ。わたしはここ10年くらい「江原道」というメーカーのフェイスパウダーを使っている。買うたびに新しいパフが付いてくるのだが、厚手でしっかりした作りなのでなかなかへたらず捨てづらい。最初は洗い替え用にと捨てずにおいたのがふたつみっつと溜まっていって、今ではとてもこんなにいらないくらいのパフが化粧台にあふれている。わたしは化粧用具(パフやブラシ)の手入れが好きなので、多分その延長で捨てられないのだろうと思う。

f:id:asx:20160213040236j:plain

無印良品のなんだかわからないケースがあつらえたようにぴったり。割と汎用性のあるサイズなので、たまに洗い替え用のパフに不自由している友人がもらっていってくれる。ついでに最近は、パフやケースがもったいないので詰め替え用に粉だけを売っているものを買うようにしているのでやたらめったら増えることはなくなったけれど、それでも在庫過剰であることに変わりはないので、洗い替えパフに不自由している方はご相談ください。

 

おまけ、靴の空き箱。

f:id:asx:20160213040755j:plain

「捨てられない」ではなく「捨てない」のはRepettoの靴箱。

普通靴を買ったときについてくるボール箱とは比べものにならないくらい丈夫だし、マグネットが入っていて口がしっかり閉まるし、近年のものは折りたたんで保管できる。壊れやすいものをスーツケースに入れるときにも使えるし、クローゼットの中では帽子入れ、靴箱の中では靴磨きセット入れ、折りたたみ式長靴入れ、雑巾入れ。靴が欲しいのか箱が欲しいのかわからないくらい、とは言いすぎだけど、わたしにとってはRepettoで靴を買う理由のひとつが「収納を同じ箱で揃えたいから」になっているような気がしてならない今日この頃。

*1:すでに手元にない洋服のもの。また、たとえ服を傷めたとしてもかけはぎには出さないと思われるもの。