読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

機内食を振り返る(08/2016, British Airwaysエコノミー)

旅のはなし 食べもののはなし

1. 東京・羽田〜ロンドン・ヒースロー(午前発、夕方着)

f:id:asx:20160811095649j:plain

イングリッシュ・ブレックファスト。卵が柔らかくて、ベーコンもちゃんと英国風ベーコンで美味。欲を言えば、パンは薄いトーストがいいし、豆が欲しかった。朝食だからか、さすがにアルコールは勧められず。

f:id:asx:20160811191725j:plain

周囲からカップヌードルのいい匂いが漂う中、我慢してようやく2食目。サーモン載せポテトサラダ(機内食あるある)。マッシュポテトに牛肉の煮込みと温野菜、パン、デザート。メインはそこそこだったけど、デザートのタルトが絶品。タルト生地に、フィリングは酸味の強いレモンとしっかり甘い小豆の2層。そして無糖クリームとブルーベリージャム。甘さと酸味のバランスが良く、小豆の合わせ方としては想定外だっただけに未体験の美味しさだった。また食べたい。

 

2. ロンドン・ヒースロー〜ヘルシンキ・ヴァンター(夕方発、深夜着)

爆睡しており、なにももらえず。

 

3. ヘルシンキ・ヴァンター〜ロンドン・ヒースロー(早朝発、午前着)

f:id:asx:20160819082107j:plain

早朝便なので飲み物だけかと思ったら、ハムチーズを挟んだクロワッサン。

 

4. ロンドン・ヒースロー〜東京・羽田(午前発、早朝着)

f:id:asx:20160819142222j:plain

1食目。後方だったため選択の余地なく和食。メインは蒸した鮭に甘辛いタレを絡めたもの。デザートはチョコレートムース。まあ、悪くはないけどやはり和食といえばANAだよね。

f:id:asx:20160819214059j:plain

2食目の朝食はまたもやイングリッシュ・ブレックファスト。東京で積むかロンドンで積むかで趣が異なるのが興味深い。卵はカチカチだったけど、マッシュルームがたっぷりで英国風ソーセージも楽しめた。豆はやはりなし。

 

実はBAに乗るのは20年ぶり。近年は英国と行き来する際にも日系か韓国経由だったので久々の英国航空会社の機内食を興味深くいただいた。英国のイメージから機内食もまずそうだという印象があるけれど、一部の機内食に力を入れている航空会社と比べれば落ちるものの、そう悪くない*1

まずい機内食もそれはそれで嫌いではないので、いつの日かルフトハンザ(フランクフルト〜イスタンブール)で味わった謎ミールを超えるものに出会ってみたいという野望を密かに抱いているところ。

*1:英国で食べるもの自体、他国と比べて大きく劣ると感じたことがなくて「英国=メシマズ」というのはエスニックジョークに近いネタなのかなと思っている。