読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メトロガール

あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

美味しそうな顔をした鳥

よしなし 旅のはなし

七面鳥が好きだ。一人暮らしではなかなかターキーの調理というわけにも行かないので、たまに正月に帰省した際に、実家のガスオーブンでターキーを焼いてもらう。ターキーがないときはローストチキンか参鶏湯になるので、いつのまにか我が家の伝統は「正月には丸鶏」という異様な有様になってしまった。

ちなみにホロホロ鳥も大好物で店で見かければ必ず注文するのだが、そもそも出会える機会が少ない。

で、これらの鳥が好きとなると、この方を見ても「華やか」「綺麗」という感想よりまず「食べたら美味しいんだろうな」という思いが先に立ってしまう。

f:id:asx:20140530135813j:plain

美味しそう。

ところが「クジャクの味」で検索したところ、八重山で駆除したクジャクの特産品化に取り組んでいるという記事の中に「臭みがあり肉質が硬い」とあった。夢、破れる。

f:id:asx:20161223180427j:plain

f:id:asx:20140530205815j:plain

この緊張感のかけらもないクジャクたちは、以前ジュネーブで出会ったもの。

国連欧州総本部の庭や駐車場には大量のクジャクが我が物顔で歩き回っている。日当たりの良いところでは所構わず寝ている。初めて見たとき「他の動物に狩られないのかな」「交通事故の原因にならないのかな」と心配になったが、実際に車に轢かれる事故は頻繁に起こっているとのこと。

経緯はよく分からないが、事故により減ったクジャクは遠く日本から補充されているらしい。